LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - |
pagetop
もうすぐおわり。
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
なんとかかんとかここまできました。
ついに千秋楽の朝を迎えました。
お客様の書かれたアンケートに目を通すとその人それぞれでもたれた印象がずいぶん違うようです。
何を面白い興味深いと感じるかは、人それぞれですね。ホントに。
おそらくそこに生じる差は、お客様それぞれの物事の捉え方や生きてきた人生感の差からなのかもしれません。

もちろんモノを創る上でのテクニカルな部分の精進では、私達は日々積み重ねていかなければなりません。それはやっぱりモノを創る側、発信する側にまわった者の宿命のようなものですし、その意識がなければいつまでたっても成長しません。

ただ私達が創り上げたものに付加価値を与えてくれるのはお客様です。

特にメッテルニッヒのメンバーは、今回の作品を『挑戦』だと意気込んでいます。私自身はあまりその意識はないのですが、今までの作品とはあまりにも毛色が違うのでそう感じるのでしょう。
実は『挑戦』している、させられているのは私達ではなくお客様なのかもしれません。

私達は、その場で劇中で起きる事をなるべく丁寧に表現することに徹しています。むしろそれしか出来ません。

私達はお客様の反応を欲しています。
お客様個人個人のなかでこの作品がどう完成したのかを知りたいのです。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
メンタル。
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
もうホント大詰め。
なのにジタバタ足掻いております。

まだなにかがあるんじゃないか、そう思えてならないのです。


今回、制作に無理を言って後半の2週間は集中稽古を入れてもらったのですが、毎日稽古があるのは事のほかキツいです。
体力的な面もあるのですが、一番は準備がしっかりできないのがたいへん。

身体の疲れは、心の余裕をなくします。心の余裕がないと良い発想が出てきません。

心に余裕を。

身体に余裕を。


ついに阪神が首位に。
今回の座組には、私と大野兄と音響の岡野さんと阪神ファンが3人もいます。
今後の猛虎の成績次第で、本番にも影響があるかも。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
まだまだ、だだだ。
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」

本日もにしすがもで集中稽古。

俳優の演技を道に例えると、如何に歩き難い道を創るかがスタッフの心得。
そんな大先輩が云っていた言葉を思い出しました。

俳優の演技を導き出しているのは、実はスタッフワークです。
今回は特にその色合いが強い芝居です。

メッテルニッヒの役者は、対人ばかりの芝居しかしてこなかったから。対物。対現象の演技をするのは、みていて所々ぎこちない。

人からの刺激でしか、演技を広げられないのはとても、残念。

まだまだやれる事は沢山あるね。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
バタートップ。
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
絶賛稽古中です。

稽古をして膨らませるのは得意ですが、まとめていくのは苦手。

もうそろそろ作品を『まとめていかなきゃ』と思うのですが。
どうも『まだなにかあるんじゃないか』と思考が逸れていきます。




画像は、タカセの『バタートップ』。
下板橋にある直営店で朝と夕方に焼き上がりを出してます。
バターの塩味が効いた知る人ぞ知る銘品。
とてもビールにあうパンです。
軽く炙って明太子をのせると美味いです。

仲良しこよしの『絆って大切!』って作品は数あれど、人と人とが歪みあうのが今回の見所の一つなんじゃないかと。

嘘くさい『友情』や『絆』に飽きあきした方はどうぞご覧下さい。
他人の不幸は蜜の味です。
| comments(1) | - | - | - |
pagetop
激写!!その2
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
他の皆さんの記事にもあるように、日曜日の通し稽古後にサプライズがありました。


もちろんアラーキー渡辺。ここは逃すまいとカメラを片手に激写です。
もちろんここは得意の引きの構図で。
ベンの手作りケーキを皆が写メしているトコロを激写!


と思ったら。

『激写している私』に気付いた皆が私を激写!

なんだか激写大会でした。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
激写!!
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
普段は建築や風景ばかりであまり人間や生き物を撮らないので被写体に接写するのが苦手なアラーキー渡辺がこっそりメイク中の俳優を激写してきました。

皆さん、己の顔と真剣に格闘中です。


男性陣。

DSC00902.JPG


そして女性陣。
DSC00903.JPG


さらに音響の越沼くん。


ワンモァ越沼くん。
DSC00905.JPG

気がつくと大野兄弟には専属のスタイリストさんが…。


どんだけ大御所やねん。
手のかかる兄弟だなぁ。

女優陣には未完成の状態で近づくと怒られそうなので顔の見えない状態でパシャリ。

あ。一人こっちみてる!

あまり公開するとネタバレだろう!と指摘されたので。
それならばと、


『鏡の国のアフロ』

どうでしょう?ジョニー・デップさん、次回作にでも。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
稽古と打ち合わせ。
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
日曜日。
なんとか来週の通し稽古にむけ脚本をあげました。
が、長い執筆の果てのゴールが目前に見えてきたせいか、勇んで丁寧さが欠けているなというのが役者に読んでもらった時の感想。
もう少し書き直してみます。
私は聞き心地のよい台詞なんて苦手だから。いかに丁寧に状況を描けるかの勝負な気がする。

翌月曜日。
この日は、映像製作の打ち合わせ。
前々回の『ハルソラ〜』からお世話になっている中山さん。通称なかやん。
前回までのみきろんの求める映像とはだいぶ違うので少しづつお互いの認識の溝を埋めて行く作業から。
美しい映像というより、小気味よいリズムの映像になればという想いは同じだったように感じました。
打ち合わせの話の進め方というか『口頭の時点ではお互いの認識のズレは絶対に生じるモノ』とちゃんとわかっている人は打ち合わせがしやすいです。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
ロング稽古
渡辺大輔 / メッテルニッヒ Ver.8 「狂騒パレード」
ハイ。
ダイスケの方の渡辺です。 

今回の作品はチェーホフの『三人姉妹』を下敷きに描いております。
私がチェーホフ作品をあまり悲劇的だとは感じられないせいなのか、幼い頃から『吉本新喜劇』を観て育ったせいなのか『笑い』の箇所がとても多いです。というか『笑い』と『劇的』な箇所がごっちゃまぜです。
なので、この作品を自分以外の人間がみた際どう捉えられるのかすごく不安なのです。
もちろんお客様にみていただくまで、その不安は消えないのですが。
脚本を役者に渡した時点での反応は、すごく重要。
反応次第で私の心はもう一喜一憂。
そーいう点では今日は上々の反応だったかと。
わりと褒められて伸びる子なんで。

今週、NHKでチェーホフの短編集を芝居にした作品を劇場中継していたようです。
私は、翌日の舞台美術打ち合わせにむけ図面を引いていたので観られなかったのですが、放送を観た人たちからいろんな反応がありました。

いままで『お堅い』とか『敷居が高い』とか思っていて敬遠していた人たちが観るきっかけになってさまざまの感想を持てくれたのはなんだか嬉しいです。私の作品じゃないのにね。

偶然にも今年はチェーホフ生誕150年らしいです。
世紀を跨いでいろんな人に観てもらえて、あんたホント幸せ者だよチェーホフ君。

本日は、昼から夜までロングな稽古でした。

まずはベン隊長の筋トレ。
病み上がりの私はこっそりさぼって軽めにしました。
こっそりさぼるコツはベン隊長の隣に陣取る事。彼は常人より眼が前に生えているので隣の人は見えないのです。
たぶんバレてないはず。
だって筋トレ苦手なんだもん。

その後はファシリテター美鈴のドキドキWS。
こちらはとても楽しめました。
いろんな人の性格やら他人と関わり合う際の性分みたいなものが垣間見えて、とても興味深いです。
WSの後にやった事をふりかえるのもとても重要。
何故その結果になったのか、を皆で議論しあうのは理解を深めあったり意外な発見が産まれます。上手く言葉にはできず自分の感覚的に理解していたモノが他人と言葉から言語化されてるいくのは、なにか納まりどころをみつけたパズルのようです。

夜からは脚本稽古。
配役をとっかえひっかえ読んで頂きました。
これは帰りの道できちはなさんと話していた事ではあるのですが、私の頭の中で流れていた台詞が実際に役者の口から発せられる音になった時の感覚は摩訶不思議体験です。
ホント私の若干なまりのある清潔感のない台詞をよく皆喋れるね。
すごいわ。

次の稽古が楽しみになってきました。
| comments(0) | - | - | - |
pagetop
| 1/1 |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--